2020年 第1回 肥満及び栄養と食プレスセミナー

2020年02月07日

報道関係各位 プレスセミナーのご案内

【テーマ】
肥満及び食と栄養―日本の食の現状と課題、日本型食生活(ごはん食)の可能性を探る
【趣旨】

 肥満対策は、わが国だけの問題でなく、アジア諸国及び世界的な規模での対策が求められています。 2020年はオリンピック後、東京栄養サミット2020が開催され、わが国の栄養施策の取り組みや、成功事例を世界に発信していく絶好の機会です。 栄養問題は過剰栄養による肥満と低栄養障害によるフレイルへの対応などにみられるように一元的な対策では、対応できない状況です。こうした状況のもと「日本型食生活」の可能性が、世界から大きな注目を集めています。一方、栄養、食、健康関連に関する情報は多種、多様な情報が発信されている中、生活者自身の食に関する正しい知識が必要であると同時に、情報発信する側の理解や意識も重要です。そこで、情報発信者として多くの生活者多大な影響を持つプレス関係者を対象にごはん食を中心とした日本型食生活の可能性を探るセミナーを開催いたします。メディア関係者及び、栄養問題への関心をお持ちの方々の積極的なご参加をいただきたくご案内申し上げます。

【日時】2020年 3月10日(火)16時~18時30分(開場15時30分)
【会場】ベルサール神保町 ルームⅠ
【主催】一般社団法人 日本肥満症予防協会
    理事長 松澤佑次 一般財団法人住友病院名誉院長
【共催】公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構
【参加費】無料
【申し込み期限】2月28日(金)
【申し込み方法】申込用紙PDFはこちら
上記用紙に記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。
一般社団法人日本肥満症予防協会事務局
FAX 03-6272-4863
メール info@himan.jp

内容

テーマ:肥満及び食と栄養 日本の食の現状と課題
     ―日本型食生活(ごはん食)の可能性を探る―

16時~16時10分 
     主催者挨拶 日本肥満症予防協会 斎藤康副理事長
     共催者挨拶 米穀安定供給確保支援機構 木村 良副理事長
【講演Ⅰ】時10分~16時50分
     『過剰栄養と低栄養 2重課題の解決に向けて』
      -日本型食生活の可能性を探る-
     演者 中村丁次 神奈川県立保健福祉大学 学長
     日本栄養士会会長
     日本肥満症予防協会 理事
【講演Ⅱ】16時50分~17時30分
     『肥満症のリスクへの対応とフレイル対策』
     演者 宮崎 滋 公益財団法人結核予防会 総合健診推進センター所長
             日本肥満症予防協会副理事長
【講演Ⅲ】17時30分~18時10分
     「人生100歳時代の栄養と運動」
     -糖質制限の問題を考える
     演者 勝川史憲 慶応義塾大学スポーツ医学研究センター所長・教授
【質疑応答】18時10分~18時30分 閉演

(2020年02月)