調査・統計

2017年01月26日
肥満者の割合は男性29.5%、女性19.2% 平成27年 国民健康・栄養調査
2015年12月15日
肥満者の割合は男性28.7%、女性21.3% 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
運動習慣があるのは男性 33.8%、女性 27.2%で、30歳代が最も低い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
肥満の割合は、女性よりも男性が高く、特に40歳代が最も高い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
男性の肥満者の割合は28.6%、女性の肥満者の割合は20.3% 平成25年 国民健康・栄養調査
2014年06月10日
世界の肥満人口は21億人、30年で2.5倍に 世界肥満実態(GBD)調査
2013年12月28日
女性肥満者の割合は減少傾向、男性は横ばい 平成24年 国民健康・栄養調査結果
2013年03月15日
健康のための活動や運動を実践しているのは全体の39.4%、70歳以上では半数以上 平成23年国民健康・栄養調査
2012年02月01日
肥満者の割合は男性30.4%、女性21.1% 前年に比べて変化なし 平成22年国民健康・栄養調査結果の概要
2011年10月13日
糖尿病の受診率と治療継続率が上昇 糖尿病合併症は悪化 健康日本21最終評価
2010年12月08日
メタボリックシンドローム対策「既にできている」のは男女とも3割弱 厚生労働省「平成21年 国民健康・栄養調査の概要」より
2009年11月24日
73.9%の人が運動不足を感じ、特に30代、40代は8割以上の人が自覚している 内閣府「体力・スポーツに関する世論調査」より
2008年12月25日
メタボリックシンドロームまたはその予備群に該当するのは、40〜74歳で約2,010万人 厚生労働省「平成19年 国民健康・栄養調査の概要」より
2008年05月09日
メタボリックシンドロームまたはその予備群に該当するのは、40-74歳で約1,940万人 厚生労働省「平成18年 国民健康・栄養調査の概要」より
2007年06月21日
40歳以上の男性2人に1人、女性5人に1人が、メタボリックシンドロームまたはその予備群 厚生労働省「平成17年 国民健康・栄養調査の概要」より
2007年04月25日
メタボリックシンドロームは高LDLコレステロールから独立した危険因子で、両者の合併は動脈硬化のリスクをより高める 日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」発行
2006年10月30日
自分が運動不足だと感じる人は30代に多く、肥満だと感じる人は40代に最も多い 内閣府「体力・スポーツに関する世論調査」より
2006年10月17日
メタボリックシンドローム関連で新たな数値目標を設定 厚生労働省「健康日本21 中間報告」より
2006年05月08日
男性2人に1人、女性5人に1人が、メタボリックシンドロームかその予備群 厚生労働省「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月10日
内臓脂肪型肥満を基盤とした動脈硬化性疾患のマルチプルリスクファクター症候群「メタボリックシンドローム」の診断基準が設定される